紀要論文 外国人児童生徒の教育において教員が感じる困難および意義に関する一考察
A Study on the Difficulty and Significance Teachers Feel in Teaching Foreign Students in Japanese Schools

古川, 敦子

(17)  , pp.39 - 50 , 2017-03-31 , 共愛学園前橋国際大学
ISSN:2187-333X
NII書誌ID(NCID):AA11548903
内容記述
本稿では外国人児童生徒を指導する小中学校教員を対象に実施した質問紙調査の結果について報告する。調査では、教員が外国人児童生徒の教育においてどのような時に困難を感じるか、また、外国人児童生徒との関わりでどのような嬉しさを感じたかについて、①学習指導、②生活面、③保護者対応、④友人関係、⑤その他の5つの場面から事例を収集した。本稿では、在籍学級担任または教科担当教員としての例と日本語の個別指導担当教員としての例に分けて記述し、それぞれの教員が感じる教育的課題、および教育の意義について考察する。本調査で得られた事例を基礎的な資料とし、今後は外国人児童生徒に対する指導力育成のためのケース教材開発を目指す。
本文を読む

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/11315/1/2017-furukawa1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報