紀要論文 EUにおける「対人サービス」振興政策の背景と課題 : フランスとベルギーのバウチャー制度の比較を中心に
Background and Issues of the Development of "Personal and Household Services" in the EU : A Comparative Study on the Service Voucher System in France and Belgium

中力, えり

10pp.25 - 40 , 2017-03-10 , 和光大学現代人間学部
ISSN:18827292
NII書誌ID(NCID):AA12320194
内容記述
本稿では、家事や介護労働といったサービス部門の振興政策がEUレベルでどのように構想され、またフランスとベルギーで実際にどのようにバウチャー制度を導入しながら進められていったのかを振り返る1)。その際、どのような行為者がかかわっていたのか、そしてどのような目的をもって推進されたのかにも着目し、さまざまな思惑が交錯している状況を示す。最後に、家事や介護労働の担い手としてこれまで想定されていたのは低技能労働者や失業者であり、多くの移住労働者や非正規滞在者が働く現実は組み込まれていないといった実態とどう向き合っていくのかなど、今後の課題についてとりあげる。
本文を読む

https://wako.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4213&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報