紀要論文 ドイツにおける現代絵画について : 皮肉・ユーモア・政治的社会的表現
A Study of Contemporary Art in Germany : Irony, Humor and Political Criticism

詫摩, 昭人

16pp.61 - 79 , 2016-03-11 , 和光大学表現学部
ISSN:13463470
NII書誌ID(NCID):AA11523684
内容記述
ドイツの絵画としてすぐに思いつくものは、古くはデューラー(Albrecht Durer、1471-1528)、もしくはフリードリヒ(Caspar David Friedrich、1774-1840)、現代ではリヒター(Gerhard Richter、1932-)やキーファー(Anselm Kiefer、1945-)かもしれない。しかし、ドイツの美術を鑑賞すると皮肉やユーモア、政治的社会的な作品が多いことを特に感じる。そこで今回、ドイツの主要作家1414人を調べ、どれくらいの割合で、そのような作家がいるのかを調査した。また現地でのインタビューも交え考察した。
本文を読む

https://wako.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4080&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報