紀要論文 『風と共に去りぬ』における模倣の欲望

作田、真由子  ,  さくた,まゆこ  ,  Sakuta, Mayuko  ,  沖縄キリスト教短期大学英語科教授 英文学

(47)  , pp.1 - 15 , 2018-01-20 , 沖縄キリスト教短期大学 , Okinawa Christian Junior College
ISSN:0385-1745
内容記述
ルネ・ジラールが、人間の「三角形の欲望」(「模倣の欲望」)について世人の注目をひいたのは『欲望の現象学』(1)においてであった。彼はセルバンテス、スタンダール、フローベール、プルースト、シェイク スピアなどの文学作品に現れたこの欲望の様々な例を指摘し、作品や、人間性の理解に大きく貢献した。この小論では、アメリカ文学史上有名な女性の主人公の欲望を、この視点から見つめることで作品の読み を深めたいと思う。
René Girard pointed out that human desire is mimetic and that great writers such as Dostoevsky, Shakespeare, Cervantes, Flaubert and Stendhal described the mimetic desire in their master pieces. I have found that the heroine of Margaret Mitchel’s novel“Gone with the Wind”has something similar to that kind of desire, though not exactly what Girard called“mimetic desire.”In this paper, I have tried to grasp the nature of the heroine’s desire with the aid of Girard’s theory.
本文を読む

http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12001/22146/1/No47p1-15.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報