Departmental Bulletin Paper トニ・モリスンのThe Bluest Eye(『青い眼がほしい』)の沖縄における読みの実践 ―文化研究の手法と多言語的アプローチ―

崎原,千尋  ,  さきはら,ちひろ  ,  Sakihara, Chihiro  ,  沖縄キリスト教学院大学人文学部英語コミュニケーション学科特任講師アメリカ研究

(14)  , pp.57 - 65 , 2017-10-16 , 沖縄キリスト教学院大学 , Okinawa Christian University
ISSN:1349-8479
Description
アメリカ文学の講義を担当するにあたって、いかにして沖縄の学生たちが黒人文学を身近な歴史や、社会、文化と関連 づけて読み解き、さらに、race(人種)、gender(ジェンダー)、そしてclass(階級)という概念をクリティカルに分析す る視座を身につけることができるのか、ということを常に問い続けて来た。本稿は、このような問いを基点とし、トニ・ モリスンのThe Bluest Eye(1970)を教材とした実践例を取り上げながら、文化研究の手法と「うちなーぐち」を使ったペダゴジカルな試みについて論述する。具体的には、(1)関連づけ:沖縄の歴史的、文化的文脈に関連づけさせ、親近感を持たせること、(2)可視化:視覚教材を用いて問題を可視化させ、分析概念を例示すること、に焦点を当て、学生たちが自ら進んで問題に対して取り組み、主体的かつトランスナショナルな学びが可能になることを示唆する。
Full-Text

http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12001/22131/1/No14p57-65.pdf

Number of accesses :  

Other information