紀要論文 英文法における認識的モダリティ指導の課題―地域言語の文法体系の影響―

新垣, 友子  ,  あらかき,ともこ  ,  Arakaki, Tomoko  ,  沖縄キリスト教学院大学人文学部英語コミュニケーション学科准教授言語学

(14)  , pp.15 - 24 , 2017-10-16 , 沖縄キリスト教学院大学 , Okinawa Christian Univesity
ISSN:1349-8479
内容記述
第二言語(L2)学習者の第一言語(L1)の文法体系は、第二言語習得にどのような影響を与えているのであろうか。本研究では、英語、日本語、琉球諸語(沖縄語)、ウチナーヤマトゥグチの認識的モダリティの使用に関して、これら四言語間にみられる意味的な差異を検討し、学習においてどのような問題点があるのかという視点から考察した。留意すべき点として1点目に、直接的な証拠に基づかない認識的SHOULDの日本語対訳として、確信的根拠を持っている際に使用される日本語「はずだ」が多用されている点、2点目に教える側の地域言語の認知度、習熟度により認識的モダリティの意味理解に個人差がある可能性を挙げた。そして、3点目に認識的SHOULDの日本語訳「はずだ」とウチナーヤマトゥグチの「はず」の意味の差異が大きい点を挙げた。訳に頼るとその差異を見落としがちなことから、実際に目標言語を用いる場面に身をおき実践を重視する教授法を取り入れる必要性を指摘した。What kind of influence does a first language(L1)have on the process of the second language(L2)acquisition? This study attempts to clarify the semantic differences of epistemic modality among English, Japanese, Okinawan, and Uchinaa-Yamatuguchi to elucidate key issues that should be noted in efforts to understand epistemic modality in the target language.Three issues have been pointed out. First, the use of epistemic should does not require a speaker’s direct evidence nor strong confidence; however, the corresponding translation of epistemic should is hazuda in Japanese which requires firm logical proof with strong confidence. Second, each teacher’s language proficiency of the indigenous language(and their varieties)itself could be varied depending on the individual. Third, teachers should be aware of the semantic differences between the meaning of epistemic modality across Japanese, and Uchinaa- Yamatuguchi. In light of these points and their implications for teaching and learning, a Grammar Translation Method would likely be ineffective while other kinds of communicative approaches, such as Task-based Learning, would likely be more effective.
本文を読む

http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12001/22128/1/No14p15-24.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報