Departmental Bulletin Paper 宮良長包の音楽教育活動に関する研究(9) : 「校歌」作品の継続研究
A Study of Choho Miyara's Work in Music Education(9) : Further Research of His School Songs Compositions

大山, 伸子  ,  おおやま, のぶこ  ,  Oyama, Nobuko  ,  保育科教授・音楽教育学

(44)  , pp.17 - 32 , 2016-02-15 , 沖縄キリスト教短期大学 , Okinawa Christian Junior College
ISSN:0385-1745
NCID:AN10246900
Description
筆者は、宮良長包の「校歌」作品に関する先行研究として、「宮良長包の音楽教育活動に関する研究(1)―校歌作品を中心に―」^(注1)を初編として、研究論文や作曲集・著作集等を上梓、研究成果を問うことができた。しかし、宮良長包の作品研究を継続的に行っていく過程で、校歌作曲年や新事実の判明、新たに発見された校歌など新しい事態が出てきた。加えて、現今の市町村合併による統廃合で公立学校の廃校が増え、それに伴い宮良長包が作曲した「校歌」作品も徐々に姿を消している。宮良長包の「校歌」作品は、現在までに29曲判明しているが、【現在歌われている校歌】より、【現在歌われていない校歌】が上回っている。本論文では、【現在歌われていない校歌】13曲のうち、「今帰仁村立兼次小学校」、「うるま市立与勝中学校」、「八重瀬町立具志頭小学校」、「石垣市立白保小学校」の校歌について、作曲年の見直しや新事実を論述する。また、【現在歌われていない校歌】16曲のうち、「石垣尋常高等小学校」(現・石垣市立石垣小学校)、「玉城尋常高等小学校」(現・南城市玉城小学校)、「那覇市立久茂地小学校」(統合により平成26=2014年廃校)の校歌についても言及したい。本論文の眼目は、筆者の「校歌」作品の先行研究を改めて精査し、より正確で濃い内容を目指すこと、筆者のライフワークである「宮良長包の音楽教育活動に関する研究」をより深める手がかりにすることである。
Full-Text

http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/okinawa/19163/3/no44p17.pdf

Number of accesses :  

Other information