Departmental Bulletin Paper A Comparative Study of the Evidential / Epistemic Markers : hazi in Ryukyuan, hazu in Uchinaa-Ymatuguchi, and hazu in Japanese.
証拠様態/認識様態標識の比較研究 : 琉球諸語・沖縄語における「ハジ」、 ウチナーヤマトゥグチ「ハズ」、日本語「はず」に関して

新垣, 友子  ,  あらかき, ともこ  ,  Arakaki, Tomoko  ,  人文学部英語コミュニケーション学科准教授・言語学(語用論)

(12)  , pp.15 - 27 , 2016-03 , 沖縄キリスト教学院大学 , Okinawa Christian University
ISSN:1349-8479
NCID:AA12025820
Description
Peculiar to pre-war Okinawa, Ryukyuan is a threatened East-Asian language with the grammatical category known as evidentiality. In this paper, I provide an overview of the evidential system in Ryukyuan, then analyze the semantic properties of hazi in Ryukyuan,hazu in Uchinaa-Yamatuguchi, and hazu in Japanese. This study aims to clarify three central aspects of the grammatical category. Firstly, hazu in Uchinaa-Yamatuguchi does not require firm or reliable grounds, whereas hazi in Ryukyuan and hazu in Japanese do. Secondly, neither hazi in Ryukyuan nor hazu in Uchinaa-Yamatuguchi possesses the function of 'realization', which is used when the speaker understand the logic of casual relations. Thirdly, hazi appears to require the speaker's belief or certainty that derives from available grounds, rather than from logical casual relations.琉球諸語は文法的なカテゴリーとして体系的な証拠様態をもつ。本稿では、沖縄語における間接証拠様態の一つである推測エヴィデンシャル「ハジ」に焦点をあて、ウチナーヤマトゥグチの「ハズ」と比較研究をおこなった。両者の共通点・相違点がより明確に理解できるように、日本語の「はず」に関する研究にも言及し、3つの標識がもつ特徴の比較考察をおこなった。その結果、ウチナーヤマトゥグチの「ハズ」に比べて沖縄語「ハジ」と日本語「はず」は、推測の根拠が明確であること、また、その根拠の質が異なることが分かった。日本語の「はず」が論理的な整合性を重視するのに対して、沖縄語の「ハジ」は話者の確信度や情報の信頼性に関する判断を重視する傾向が見られた。また、沖縄語の「ハジ」とウチナーヤマトゥグチの「ハズ」は日本語の「さとり」の用法を所有していないことが明らかになった。
Full-Text

http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/okinawa/19144/3/no12p15.pdf

Number of accesses :  

Other information