Departmental Bulletin Paper 幼児のサッカー遊びのルールと遊びの発展に関わる要因の事例検討
A Case Study of Factors Affecting the Rules and Development of the Play in Young Children's Soccer

及川, 直樹

Description
幼児のチーム対抗のサッカー遊びにおけるルールの実態を把握し,遊びの方向性を定め,発展を支える要因を検討した.対象は,長野県内にある私立幼稚園の年長A組であった.週1回,自由遊び時間におけるサッカー遊びを参与観察した.各観察日のサッカー遊びにおいて,ルールを適用した場面など意味的にまとまりのある場面を一つの事例とし,事例間の比較検討などを行った.その結果,サッカー遊びの方向性を定め,発展を支えていたのは,幼児の 「本当のサッカー」 への志向性の高まり,ボールを扱う技術の向上とそれに伴う動きの質的変化,チーム内での仲間意識やチーム対抗の意識の高まりの3つの要因であり,これらは複合的に関連しながら遊びの発展を支えていた.以上をもとに,サッカー遊びでは,遊びの目標を損なわず,園や幼児の実態に合わせた必要最小限のルールを導入し,幼児が工夫して遊びを展開できるように援助するのが望ましいと推察された.
Full-Text

https://iidawjc.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=130&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information