Departmental Bulletin Paper Space VLBI Astronomy: Current Status and Future Prospects
スペースVLBI天文学 ─ 現状と将来

萩原, 喜昭

Description
スペースVLBI (Very Long Baseline Interferometry)とは、地球上の電波望遠鏡と地球を周回する軌道上の電波望遠鏡から構成される地球サイズを超えた電波干渉計である。地球直径の数倍の基線長を実現することにより、非常に高い空間分解能による天体の観測が可能になる。スペースVLBIにより実現されうる1-100 マイクロ秒角台の空間分解能により、天体の詳細な構造を空間的に分解することができるようになる。研究の対象としては、活動銀河核から噴出するジェット、巨大ブラックホールの周辺領域、宇宙論、重力レンズ天体、星形成領域、などがあげられ、また高精度アストロメトリ観測も含まれる。本論文では、スペースVLBIの簡単な歴史の記述に始まり、過去の日本のスペースVLBI プロジェクトであるVSOPとVSOP-2 について述べた後、スペースVLBIに関する将来の見通しについての意見を、筆者自身の観点から述べる。 Space VLBI (Very Long Baseline Interferometry) is an earth-space radiointerferometry that consists of ground-based radio telescopes and one or multiplespacecrafts with a radio telescope orbiting around our Earth, which would provide highspatial resolution enabled by ground-space baselines extended to several times thediameter of the Earth. Given the extremely high spatial resolution down on scales of ∼1-100 microarcseconds, space VLBI will enable us to study details of astronomicalobjects, such as relativistic jets from active galactic nuclei (AGN), environments ofmassive black holes, gravitational lenses, cosmology, star-forming sites, and highprecisionastrometry. In this article, after a brief description of the early days of spaceVLBI, I focus on the two Japanese space VLBI projects of VSOP and VSOP-2 andcomment on future prospects of space VLBI from my own view points.
Full-Text

https://toyo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9892&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information