その他 筆跡の時間情報を用いたメンタルヘルス不調の予兆把握

川口, 英夫

pp.12 - 12 , 2017-08-31 , 学校法人東洋大学産官学連携センター
内容記述
うつ病等のメンタルヘルス不調は再発率が高いため、予防措置を講ずることが有効です。そこで筆跡の時間情報を用いて、メンタルヘルス不調の予兆把握ができることを見出しました。
【発表】 Mashio Y, Kawaguchi H et al., Neurosci Abstr, 820.19/WW16 (2016)【出願特許】 特開2010-131280:川口他、精神状態判定支援方法および装置
本文を読む

https://toyo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9315&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報