紀要論文 音楽の理性と魔性――マックス・ヴェーバー『音楽社会学』からトーマス・マン『ファウストゥス博士』へ――
The Rational and the Daemonic in Music: From Max Weber's “Musiksoziologie” to Thomas Mann's “Doktor Faustus”

山室, 信高

41 ( 2 )  , pp.137 - 155 , 2016-03 , 東洋大学経済研究会
ISSN:0385-0358
NII書誌ID(NCID):AN00071538
本文を読む

https://toyo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8341&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報