紀要論文 タンデム学習の意義と可能性
Significance and Possibility of Tandem Learning

小林, 浩明

(14)  , pp.135 - 145 , 2016-03 , 北九州市立大学国際教育交流センター
ISSN:13481851
NII書誌ID(NCID):AA1195119X
内容記述
本稿は、日本国内におけるタンデム学習の現状を概観し、その意義と新たな可能性を考察した。先行事例の中には、タンデム学習の原則である互恵性と学習者オートノミーに沿っていない授業実践が見られたものの、Eタンデムが外国語環境における授業をオーセンティックに変えることができる。また、タンデム学習の原則が地域日本語活動における「教える-教えられる」関係を変えられる可能性を指摘した。
本文を読む

https://kitakyu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=515&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報