紀要論文 若年層による南紀方言のアスペクト形式の使用とその理解

大野, 仁美

15pp.113 - 123 , 2017-03-31 , 麗澤大学大学院言語教育研究科
ISSN:2185-9752
内容記述
和歌山県南部(串本町・古座町・古座川町・太地町・那智勝浦町)の若年層話者(高校生)が、現代日本語の「〜シテイル」に相当する形式としてどのような形式を用いているかを、アンケート調査によって明らかにし、それらの用いられ方から、いわゆる継続相(動詞の動作の継続)と結果相(動詞の動作がなされた結果の状態の継続)の区別をどのような体系としてもっているかについて考察した。そして、関東方言話者との対照を通じて、同じ言語の話者であっても、もっている体系が異なれば、文法概念のとらえ方や理解の仕方が異なりうることを示した。
本文を読む

https://reitaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=990&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報