Departmental Bulletin Paper 終助詞の意味の体系性に関する試論―富山県井波方言の場合―

井上, 優

15pp.101 - 112 , 2017-03-31 , 麗澤大学大学院言語教育研究科
ISSN:2185-9752
Description
富山県南砺市井波地区の方言(井波方言)の平叙文専用の終助詞は、Ⅰ「チャ、ワ」、Ⅱ「ゼ、ジャ、ガ」、Ⅲ「ゾ」という三つのグループからなる。Ⅰ「チャ、ワ」は話し手の判断のあり方を表し、終助詞を用いない文(φ)とともに、「暫定的判断(ワ)―確定的判断(φ)―既定事項確認(チャ)」という体系をなす。また、Ⅱ「ゼ、ジャ、ガ」は、既存の認識と現実とが矛盾する状況において、話し手がその矛盾にとまどっていること(ゼ)、話し手が自分の認識を誤りと認めて現実を受け入れること(ジャ)、誤った認識が存在する(存在した)ことに話し手が違和感を覚えていること(ガ)を表す。Ⅲ「ゾ」は聞き手に対する情報の受け入れ要請を表す。
Full-Text

https://reitaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=989&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information