紀要論文 <研究ノート>南紀方言における「ノダ」相当形式と「タ」の共起

大野, 仁美

14pp.85 - 90 , 2016-03-31 , 麗澤大学大学院言語教育研究科
ISSN:2185-9752
内容記述
南紀方言における「ノダ」相当形式である「ンヤ」は、「タ」と共起して「〜ンヤッタ(〜ノダッタ)・〜タンヤ(〜タノダ)・〜タンヤッタ(〜タノダッタ)」という組み合わせを形成することができる。これらが名詞+ダに後続して形成する文と、それらに対応する否定文を考察することによって、「ムードのタ」と呼ばれるもののうち、「思い出し」の「タ」が顕著に異なることを指摘する。
本文を読む

https://reitaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=747&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報