紀要論文 水から見る晋水流域における産業と民間信仰の変遷

XING, Long  ,  QI, Jianmin  ,  行, 龍  ,  祁, 建民

(8)  , pp.35 - 45 , 2016-03-31 , 長崎県立大学 東アジア研究所
ISSN:1883-6712
内容記述
水資源の開発・管理及びその慣行が、人間社会の在り方と緊密に関わった一方、水資源に対する過度の開発も人間社会の生産、社会組織及びその精神活動にも関わっていた。今までの水利史研究は、主に「水を資源としての活用」をめぐって、大自然から水を利用して、「富」を取る方法、及びそれによって形成した法律・慣行を中心として研究されてきた。従って、人間の「水利」活動による水資源に対する「過度の利用及び破壊」については殆ど検討しなかったと言わざるを得ない。本稿は山西省中部の晋水流域における水資源、人口、環境の三者の相互関係を千年単位に広げ、この地域における水・環境と産業構造及び宗教信仰の相互影響の歴史を、その長期的時間的空間の中で考察してみる。
本文を読む

http://reposit.sun.ac.jp/dspace/bitstream/10561/1180/1/v8p35_xing.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報