Departmental Bulletin Paper 医療的ケアを要する子どもの母親と外来看護師双方の関わり方の受け止めに関する研究
Research on Perceptions of the Relationships between Outpatient Clinic Nurses and Mothers of Children Requiring Medical Care

高橋, 百合子  ,  内田, 雅代  ,  白井, 史  ,  足立, 美紀  ,  竹内, 幸江  ,  安田, 貴恵子

Description
本研究は,医療的ケアを要する子どもの母親が,医療者との関わりの現状をどのように捉え,どのような関わりを求めているかについて明らかにする。また,外来看護師が母親との関わりの現状をどのように捉え,アプローチしているか,他職種の関わりの現状をどのように捉えているかについて明らかにすることを目的とする。県内2つの総合病院の小児科外来に通院している子どもの母親3名と,母親と関わっている常勤の小児科外来看護師2名を対象とし,半構成的面接を行った。 その結果,看護師と母親はそれぞれ継続した外来通院期間の中で,関係の構築ができていると捉えていた。しかし,看護師は【母親の思いやニーズを確認できていない】,母親は【看護師と踏み込んだ話ができていないが仕方ない】とも捉えていた。また,母親は【医療者も母親も皆で話し合いたい】ことなどを求めており,外来看護師には,母親の思いやニーズを把握する工夫とともに,医療者と母親とのパートナーシップを形成していくための調整が求められていることが示唆された。
Full-Text

https://ncn.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=267&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information