Departmental Bulletin Paper 組織理念にホスピタリティを導入した病院における看護師の認識の変化
Changes in the awareness of nurses in a hospital that introduced "hospitality " in its organizational philosophy

上條, こずえ

17pp.63 - 74 , 2015-03-31 , 長野県看護大学紀要委員会
ISSN:13451782
NCID:AA11478590
Description
ホスピタリティの概念は日本では顧客に対する態度と捉えられている。近年,医療界にもこの概念が導入され,真の患者満足を高める取り組みが始まっている.本研究は組織理念にホスピタリティを導入した病院で,看護部の理念が看護師個々にどのように浸透し,実践に生かされているかを明らかにした.対象は看護部理念にホスピタリティを導入して1年以上経過した病院に勤務する看護師7名です半構造化面接法により得た会話を質的に分析した。結果,組織理念を各々の看護実践に生かすに至る段階は3つに分けられた。まず,個々の看護師がホスピタリティの理念を認識した1段階.次は組織におけるホスピタリティの意味を理解して実践をする2段階.3段階は患者との相互作用により心からもてなす気持ちへの変化を認識した段階である。結果から管理者の役割として,組織理念の実現には理念を浸透させるシステムの構築とそのシムテムの確実な実践が必要であることが得られた
Full-Text

https://ncn.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=233&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information