学術雑誌論文 下顎小臼歯部両側性に出現した過剰歯の1例
A case of impacted supernumerary teeth occurring in the bilateral mandibular premolar area

落合, 宏子  ,  西川, 康博  ,  山田, 美保  ,  紀田, 晃生  ,  松田, 紗衣佳  ,  横井, 由紀子  ,  正村, 正仁  ,  大須賀, 直人  ,  OCHIAI, HIROKO  ,  NISHIKAWA, YASUHIRO  ,  YAMADA, MIHO  ,  KIDA, AKIO  ,  MATSUDA, SAEKA  ,  YOKOI, YUKIKO  ,  SYOUMURA, MASAHITO  ,  OSUGA, NAOTO

41 ( 1 )  , pp.33 - 39 , 2015-06-30 , 松本歯科大学学会
ISSN:2188-7233
NII書誌ID(NCID):AA12684554
内容記述
In this study, a 1₇–year–old patient, who had regularly visited us from childhood, complained of discomfort in the andibular molar area, and impacted supernumerary teeth was confirmed by radiography. Its position was closely investigated using 3–dimensional CT, excision was performed, and a favorable course has been achieved. Thus, the importance of screening using panoramic radiography was reconfirmed.
過剰歯はさまざまな部位に発生し,齲蝕治療や歯牙外傷の精査のためのエックス線検査などによって偶然に発見されることが多い.一般的に過剰歯は男児に多く,上顎前歯部に発生頻度が高いとされているが,小臼歯部や大臼歯部に発生することは稀であるとされている1–3).また,多数歯の過剰歯を有することは何らかの遺伝的な要因が関与する場合が多いが,健常者に多数の過剰歯を認めた症例は少ない.成長期の小児では過剰歯が原因で永久歯の萌出遅延や正中離開といった歯列不正を来たすことも多いことから協力状態を加味し,対応が検討されている4–6).今回我々は,当院にて1 歳₇ か月から定期的に管理していた患児が1₇歳時に下顎臼歯部の違和感を訴え,エックス線所見により下顎小臼歯部に両側性に出現した過剰歯の1 例において,CT 検査において三次元的に位置を精査し摘出を行った結果,良好な経過を得たので報告する.
本文を読む

https://mdu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2427&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報