学術雑誌論文 技工用LED光重合器を用いた過酸化水素処理によるチタンの濡れ性の改良
Improvement of titanium wettability by hydrogen peroxide processing using an LED polymerizer

遠藤, 輝久  ,  鬼澤, 徹  ,  白鳥, 徳彦  ,  永澤, 栄  ,  伊藤, 充雄  ,  ENDO, TERUHISA  ,  ONIZAWA, TORU  ,  SHIRATORI, NORIHIKO  ,  NAGASAWA, SAKAE  ,  ITO, MICHIO

41 ( 1 )  , pp.20 - 25 , 2015-06-30 , 松本歯科大学学会
ISSN:2188-7233
NII書誌ID(NCID):AA12684554
内容記述
When titanium is immersed in hydrogen peroxide solution, an oxidation film is formed on itʼs surface. In this study, to investigate the influence of film–forming methods in order to clarify the relationship with wettability, the film was created by immersing titanium in a hydrogen peroxide solution, and by irradiating the immersed titanium with Light emitting diode (LED) light. The following results were obtained: The wettability of test specimens immersed in the hydrogen peroxide solution improved, in comparison with that before immersion. However, no significant differences were noted among the treatment times. The wettability of test specimens immersed in the hydrogen peroxide solution and irradiated with LED light promptly improved. This depends on the resolution of the differential temperature caused by irradiation or on hydrogen peroxide immersion in the presence of light. There is a possibility that the titanium surface can be reformed easily and rapidly by immersing titanium in hydrogen peroxide solution and applying visible LED light.
チタンは骨と結合することが知られており,現在の歯科用インプラントには無くてはならない材料となっている.また,その生体適合性から,チタンはブラケット,クラウン,クラウンブリッジやインプラントの上部構造にも用いられている1).金属であるチタンが骨と結合するためには骨芽細胞が付着する必要があり,水に濡れることが前提となる2).またチタンを歯質と合着するためにも合着材と濡れる必要がある3).このためチタンの濡れ性を改良する様々な方法が試みられている4).チタンの安定性と濡れ性はチタン表面に生じる酸化被膜によるものであり,酸化被膜をコントロールすることが重要である.この酸化被膜のコントロールには陽極酸化₅),加熱処理6),過酸化水素溶液₇)を用いる方法などがある.陽極酸化には大きな装置が必要であり,加熱処理は600℃で行う必要があるため引張り強さ,耐力等の機械的性質が劣化する難点がある6).過酸化水素溶液を用いる方法は簡便であり,特定の微小部分のみを処理することも可能である.さらにチェアーサイドにおいて行うこともでき,有用な処理方法のひとつであると考えられる.しかしながら処理には60分間と長い時間が必要なため₇),更なる時間短縮が課題と考えられた.本研究は,身近な技工用LED 光重合器を用い,LED 光照射と過酸化水素溶液浸漬を併用してチタン表面に酸化膜を形成し,チタンの濡れ性がどのように影響されるのかについて検討を行った.
本文を読む

https://mdu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2425&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報