Departmental Bulletin Paper 高専・中学校の連携による環境気象情報ネットワークの構築 その3

武田, 和大  ,  芝, 浩二郎  ,  豊平, 隆之  ,  樫根, 健史  ,  前薗, 正宜  ,  瀬濤, 喜信  ,  荒巻, 勇輔  ,  永田, 亮一

Description
これまでに,統合型気象センサを用いて5分毎の各気象要素を測定し,データはインターネットを通じて集信するシステムを構築し運用してきた.今年は設置する施設の電源やLAN への接続が必要であった「測定点」のシステムについて改良を行った.まず太陽電池と蓄電池の使用により電源を独立させた.次に携帯電話の通信網に直接接続することで設置点のネットワーク設備やポリシーによる制約から解放させた.これにより,設置箇所の設備を借用する必要がなくなって設置箇所へ与える負担が小さくなっただけでなく,公園や山中,民間企業施設など,電源やLAN 接続を期待できない場所への「測定点」の設置を考えることができるようになる.
Full-Text

http://karn.lib.kagoshima-u.ac.jp//bitstream/123456789/20094/1/AN00040002_v49_p59-60.pdf

Number of accesses :  

Other information