Departmental Bulletin Paper 視野拡大のためのリハビリテーションシステムの開発

今村, 成明

Description
脳梗塞や脳卒中などの後遺症として,様々な機能障害が現れる。特に、視野に関する後遺症として半側空間無視、同名半盲があり、これらは患者の日常動作における自立を阻害する大きな要因となっている。本研究では、誰にでも利用でき、患者の興味を促し、リハビリに積極的になれるリハビリシステムを考案・開発した。患者に使用して頂いた結果、本システムで繰り返しリハビリすることにより、全所要時間、各所要時間ともに減少しており、症状の改善が見られた。
Full-Text

http://karn.lib.kagoshima-u.ac.jp//bitstream/123456789/20085/1/AN00040002_v49_p7-12.pdf

Number of accesses :  

Other information