紀要論文 簡易視線計測システムの開発

今村, 成明

内容記述
我々の研究室では、視覚障害者のための視野拡大のリハビリ支援ソフトを開発している。これまでに開発したリハビリ支援システムでは、第三者の補助なしで患者の視線誘導を行うことが困難であった。そこで、本研究では簡易視線計測システムを開発し、視野拡大のリハビリ支援ソフトに導入することで、視線誘導を効果的に行えるようにすることを目的とした。本研究で開発した視線計測システムの計測精度は、単眼(片目)システムが1.55度、複眼(両目)システムが1.02度と市販の視線計測器程度の同等精度を実現することができた。また、視野拡大のリハビリ支援ソフトに導入するにあたっては、十分な精度であった。
本文を読む

http://karn.lib.kagoshima-u.ac.jp//bitstream/123456789/20084/1/AN00040002_v49_p1-6.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報