テクニカルレポート Bevacizumab 併用化学療法中にStanford A 型急性大動脈解離を発症した原発性腹膜癌の一例

片倉, 慧美  ,  市川, 義一  ,  井関, 隼  ,  日原, 華子  ,  江河, 由起子  ,  坂堂, 美央子  ,  藤岡, 泉  ,  服部, 政博  ,  根本, 泰子

内容記述
Bevacizumab(以下Bev)は腫瘍の血管新生を抑制し,化学療法との併用で卵巣癌・腹膜癌の無増悪生存期間を有意に延長させるが,特有の合併症に高血圧,消化管穿孔などがある.今回我々は,Bev 投与中に急性大動脈解離を発症した原発性腹膜癌症例を経験した.症例は70 歳.腹部膨満を認め,大量腹水と子宮周囲の腹膜肥厚が観察された.CA125 173 U/ml,卵巣腫大なく腹水細胞診は陽性(腺癌)であった.試験的開腹したところ腹膜癌と考えられ,初回腫瘍減量手術施行し,原発性腹膜癌IIIc 期(FIGO1988 分類,pT3cNxM0)と診断した.術後化学療法としてTC 療法を開始,3 コース目よりBev 併用した.6 コースday15 に2 日前からの気分不快と頸部痛の持続を訴え,血液検査にてWBC 5,750/μl,CK 361 IU/l,CRP 25mg/dl であった.CT 検査にて大動脈内に偽腔が疑われ,dynamic CT にてStanford A 型急性大動脈解離と診断し,同日心臓血管外科にて上行大動脈置換術を施行した.Bev 維持療法は中止し経過観察したところ,TC 療法6 コース投与終了後8 か月で腹腔内再発を認めた.Bev投与中の大動脈瘤破裂や大動脈解離が本邦の市販後調査でも数例報告されている.Bev 投与の際には,高血圧による影響も踏まえ,致死的な心血管系イベントの発症に留意する必要がある.
本文を読む

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12303&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報