紀要論文 当院における乳がん検診の現状 ―視触診についての検討を通した多職種の連携診療の重要性―

川邊, 美穂  ,  宮田, 奈美  ,  大久保, 鮎美  ,  飯沼, 裕美  ,  山下, 光弘  ,  井川, 愛子

内容記述
<目的>乳がん検診において視触診の限界が指摘されているのをふまえ、当院における乳がん検診の現状と視触診で要精検となった症例を検討した。<対象>平成23年4月より平成26年3月までの当院健診センターで行った乳がん検診受診者5323名を対象とした。 乳がん検診受診者は全例視触診+マンモグラフィ(以下MMG)である。<結果>乳がん検診受診者は平成23年度1382人、平成24年度1319人、平成25年度1299人、平成26年度1323人。検診成績に関して要精検率は各年度14.4%、11.5%、9.3%、9.4%。精検受診率は各年度85.2%、87.5%、87.4%、92.1%。がん発見率は各年度0.37%、0.17%、0.09%、0.09%。いずれも検診にて発見された乳がんは早期乳がんであった。<視触診に関する結果>検診で発見された乳がん症例は視触診とMMG共に所見を認めた人数は5人(62.5%)、MMGでのみ所見を認めた人数は3人(37.5%)であった。視触診で要精検になったがMMGで所見を認めなかった症例は45例(7.6%)。そのうち乳がんは1人も発見されなかった。視触診とMMG共に所見を認める症例は58例(9.8%)であった。乳腺構成は高濃度~不均一高濃度の乳腺が80%を占め、年齢は40代が一番多かった。視触診で実際に腫瘤や乳頭異常分泌等の所見と一致したのは45例中18例(40%)、MMGと視触診共に所見を認める症例のうち双方の所見が一致した症例は58例中29例(50%)であった。触診所見最終診断は線維腺腫、嚢胞、脂肪腫などであった。乳腺量が多いと乳腺自体を腫瘤と指摘する症例も多く見受けられた。<考察>当院の乳がん検診の現状においてがん発見率が低い理由として、繰り返し受診の人が多いことが考えられる。視触診は乳頭異常分泌や皮膚所見等には有用であるが乳腺濃度が高いと拾い上げる頻度も高くなると思われた。実際にMMGと視触診の所見が一致した症例が半数しかないことからマンモグラフィ診断の補助的な意義が大きいと考える。<結語>乳頭異常分泌や皮膚所見等に関し視触診は有用であるが、今回の検討では視触診のみで乳がんが発見されることはなく、マンモグラフィ診断のための補助的役割が大きいと考えられる。日頃より乳頭異常分泌や皮膚所見等に関して、マンモグラフィ撮影者は気付いた所見を速やかに医師へ伝達確認できる密なコミュニケーションも非常に大切であると考え、乳がん検診における、多職種の連携診療の重要性を強調したい。
本文を読む

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12207&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報