Journal Article 特定共同指導後の医学管理料算定について
The Medical Administration Fees Calculation after the Specific Joint guidance.

西岡, 直子  ,  中川, 真次  ,  木村, 浩子  ,  森本, 遥  ,  中野, 貴文  ,  山﨑, 佳歩  ,  小谷, 廣信

Description
平成26年4月の特定共同指導において「再指導」という結果を受けたことから、特定共同指導ワーキング(以下、WGという)を立ち上げ、指摘事項について協議を行った。医療情報管理課は、カルテ監査及び医学管理料(以下、管理料という)の監査を担当した。診療報酬点数表より管理料の算定要件を精査し、医師による管理料算定の徹底を院内に周知した。管理料オーダの中で、算定要件を満たしているものを「適正」、満たしていないものを「不適正」とし、不適正オーダについて日々督促を行い、毎月開催されたWGで適正率ならびに不適正オーダに対する督促数、不適正オーダの修正数等を報告した。その結果、平成27年2月の個別指導では、「経過観察」となった。管理料の監査については、個別指導後も日々行っており、平成28年5月の管理料の適正率は98%であった。個別指導後も、高い適正率は保っているものの不適正オーダの未修正オーダも残存しているので、再督促の徹底が急務である。
Full-Text

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12118&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information