学術雑誌論文 乳がん術後地域連携パスを利用した病院機能の分化と役割分担
Community-based postoperative follow-up cares in breast cancer patients can promote the specialty of the breast cancer center.

芳林, 浩史  ,  中木村, 朋美  ,  岩谷, 里恵  ,  亀田, 由紀  ,  榎本, 多恵  ,  西山, 恵理  ,  三木, 彩加  ,  大西, 規之  ,  長濱, 祥吾  ,  田村, 恭子  ,  髙垣, 博敏  ,  福田, 正克

内容記述
 乳がん術後地域連携パス(以下連携パス)の導入によりがん診療連携拠点病院である当センター乳腺外科に及ぼす影響について調べた. 2009年4月から2015年12月までに当科で乳癌根治手術を受けた763例を対象に連携パス導入前後の手術数の推移,連携パス導入後のパス率と連携施設数の推移について調べた. 2011年度から連携パスの運用を開始し,2015年12月までの手術656例の内368例が連携パスを行った.また2013年度以降に限定し考察すると年間手術数の約80%が連携パスを行っている.手術数も連携パスを開始してから増加し,特に他院からの紹介患者さんが急増した.実際に連携パスの受け入れ施設も当初の6施設から113施設に増加した.同時に施設基準届け出施設数も増加し,医院・クリニックの参加率は当初の50%増加した. 連携パスを導入することで手術数が増加し,また医療機関の機能分化と役割分担ができた.
本文を読む

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12108&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報