テクニカルレポート とろみ剤のムダをなくそう!〜とろみ剤の効果的使用によるムダの改善ととろみ調整への意識向上の効果〜

増田, 江美  ,  梅木, 真理子  ,  小塚, 美加  ,  池城, 伊織  ,  押野, 一美  ,  菊地, しおり  ,  梅木, 幹子

36 ( 1 )  , pp.75 - 77 , 2016-12 , 静岡赤十字病院
ISSN:0911-9833
NII書誌ID(NCID):AN10167098
内容記述
摂食嚥下障害の患者にとって,水分にとろみをつけることは誤嚥のリスクを軽減することにつながる.脳神経科病棟である3−4病棟には摂食嚥下障害を持つ患者が多く,摂食機能療法に力を入れている.そのためとろみ剤の使用頻度も高い.院内では栄養課からとろみ剤を配膳されているが,入力を多めにしてしまうため返却されたとろみ剤を廃棄しているという現状があり,注意喚起がされている.そこで当病棟はとろみ剤を病棟管理にすることでとろみ剤のムダを削減できないかと考えた.とろみ剤を使用しなくてはならない患者については看護師が配膳し病棟で一括して作ったとろみ茶を配膳することとした.その結果,看護師・看護助手の食事介助に関する動線に変化があり,とろみ剤のムダの削減にも繋がった.また,食事介助に対するスタッフの意識向上にも繋がった.
本文を読む

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11936&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報