Technical Report 肝外門脈塞栓とCavernous transformationを認めた胃癌の1例
A Case of Stomach Cancer which Admitted Extrahepatic Part Portal Vein Embolism and Cavernous Transformation

小林, 久見子

Description
症例は74歳, 男性. 上腹部のしこりと圧痛, 食思不振を主訴に当院外科受診.Computed Tomography(以下CT)で胃前庭部付近の著明な壁腫大と小弯側リンパ節腫大,また門脈本幹の造影欠損を認め,Cavernous transformationを認めた.超音波でも肥厚した胃壁や,内部に充実エコーを伴う拡大した門脈本幹,また肝門部に多数の数珠状管状構造と一致してカラーシグナルが認められた.上部消化管内視鏡検査で胃体上部から前庭部の前壁を占めるように腫瘤を認め,周堤を伴う潰瘍形成あり,3型進行胃癌と診断.手術は希望されず,化学療法の方針となった.
Full-Text

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11929&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information