学術雑誌論文 感染性心内膜炎における心エコー診断と手術所見との違いについての検討
The accuracy of the echocardiography in comparison to the operative findings in patients with infective endocarditis

辻, 弓佳  ,  松尾, あきこ  ,  高松, 一明  ,  下尾, 知  ,  経堂, 篤史  ,  米良, 佳余子  ,  小出, 正洋  ,  椿本, 恵則  ,  五十殿, 弘二  ,  坂谷, 知彦  ,  井上, 啓司  ,  藤田, 博  ,  山﨑, 琢磨  ,  平松, 健司

内容記述
[目的]近年心エコー装置の発達は目覚ましく、感染性心内膜炎(IE)の診断においても中心的である。IEの心エコー図診断と手術所見、病理学的所見による診断の違いを検討した。[方法]対象は2010年から2015年に当院で開胸術を施行し、IEと診断した21例。術前の経胸壁心エコー図および経食道心エコー図と術中所見を比較検討した。[結果]平均年齢は63歳(29-84歳)。4例(19%)が人工弁のIEで、うち1例はショック例であった。術前に臨床診断に至らなかった症例は3例(14%)、開胸術における所見が術前の心エコー図所見と完全に一致したのは4例(22%)と少なかった。予後としては院内死亡例もなく、心臓死を認めなかった。[結語]心エコー装置の発達が著しくなった近年においても、開胸肉眼所見と一致できるほどの形態診断は容易とは言えず、特に治癒期IEの診断や人工弁周囲膿瘍の診断率は極めて低かった。しかし手術成績は良好であり、心エコー図にてIEを診断することの意義は高いと考えられた。
本文を読む

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11859&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報