学術雑誌論文 成人先天性心疾患に対する外科治療成績と問題点
Results and problem of surgery for adult congenital heart diseases

平松, 健司

内容記述
近年小児開心術の著しい成績向上に伴い、成人期に達した先天性心疾患の患児に対する手術が急増している。成人先天性心疾患に対する手術の特徴は再手術が多く、癒着が高度で、疾患自体も重症かつ複雑で、全身状態も不良の症例が多い。最近10年間における前任地である東京女子医科大学心臓血管外科での成人先天性心疾患に対する手術の成績を検討すると、15歳以上の先天性心疾患の手術件数は411例(総先天性心疾患手術件数の約30%)であり、76%が再手術例であった。初回手術例で死亡例は認めなかったが、再手術例では開胸時の出血を契機に悪循環に陥る症例や、高度心機能低下や肝腎凝固機能異常が術後も遷延する症例を認め、病院死亡率は4.9%であったが、開胸時の体外循環の工夫等成人心疾患の手術手技を導入した最近5年間では1.7%まで低下した。成人先天性心疾患に対する手術は経験の蓄積により最近の成績は改善しつつあるが、重症で難易度の高い手術が多く、後天性心疾患の手術手技も必要である。同時に周術期における小児科医、麻酔科医、人工心肺技師等との綿密な協力体制が重要である。
本文を読む

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=11857&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報