Journal Article 急性期病院の整形外科病棟における認知症高齢者のBPSDへの対応 ユマニチュード技法の学習を行なった看護師の感情・思考の変化

小川, 裕太  ,  又川, めぐみ  ,  濱田, 玲子  ,  田島, まゆみ

20 ( 1 )  , pp.67 - 71 , 2016-03-31 , 高知赤十字病院図書室運営委員会
ISSN:0919-7427
Description
本研究では、看護師にユマニチュードの4つの柱を学習してもらい認知症患者への対応の中で看護師の感情・思考の変化を明らかにすることを目的とした。ユマニチュードを知る前の認知症患者の印象では【苦手意識を持っている】【自分のペースでできないことのいらだち】【恐怖を感じるときがある】【とまどいがある】【自責の念からくる悲しみ】【あきらめ】、ユマニチュードを学んで変化した感情では【成功体験からくる喜び】【ユマニチュード効果に対する期待】【苦手意識克服に向けて】、ユマニチュードを学んで変化した思考では【相手の立場に立った関わりの模索】【知識の実践】【ユマニチュード学習による気づき】のカテゴリーが抽出され、ユマニチュードの有効性と看護師の感情・思考の変化が明らかになった。コミュニケーション技術の基本であるユマニチュードを看護のベースとして身につけ認知症高齢患者を個人として尊重し、寄り添った看護を提供していくことが重要である。(著者抄録)
Full-Text

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9920&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information