学術雑誌論文 慢性播種性血管内凝固症候群(DIC)を合併した腹部大動脈瘤の1手術例

市川, 洋一  ,  田埜, 和利

20 ( 1 )  , pp.25 - 28 , 2016-03-31 , 高知赤十字病院図書室運営委員会
ISSN:0919-7427
内容記述
症例は88歳、女性。3年前に瘤径46mmの腹部大動脈瘤を指摘されたが、手術を希望されず近医で経過観察となっていた。最近により、両上肢に出血性紫斑が出現し、血液内科で精査を行い、瘤径62mmの腹部大動脈瘤による消費性凝固異常と診断され、手術目的に当科に紹介となった。術前内科的治療を行うもDICは改善せず、フィブリノーゲン濃縮製剤を準備の上、手術を施行した。術後はDICも改善し経過は良好であった。今回、我々はDICを合併した腹部大動脈瘤に対して術前内科的治療を行ったが改善なく、フィブリノーゲン濃縮製剤投与下で安全に手術を施行した症例を経験したので報告する。(著者抄録)
本文を読む

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9911&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報