Departmental Bulletin Paper エルシニア腸炎の1例

白子, 順子  ,  鷲見, 聡子  ,  山口, 公大  ,  中村, みき  ,  今井, 奨  ,  下地, 圭一  ,  川尻, 美和

Description
症例は9歳男性。39度の発熱と右腹部痛を認め、近医にて肝機能異常を指摘され当院小児科へ紹介入院となった。入院時には咽頭発赤を認め、右腹部に圧痛と右腰背部に叩打痛あり。両側手背、足底中心に上下肢に小紅斑を認めた。血液検査では白血球増多とCRP陽性、および肝胆道系酵素は上昇していた。腹部造影CT検査では、回腸末端部中心に2cmまで達する多発のリンパ節腫脹を認めた。下部消化管内視鏡検査では盲腸から上行結腸にかけて多発の発赤びらん、バウヒン弁の腫大を認めた。回腸終末部では粘膜の浮腫、発赤がみられ、パイエル板に一致したと思われる扁平状隆起と、その中に潰瘍、びらんを呈していた。画像所見上腸管感染症特にエルシニア腸炎を疑い、検査時に病変部からの腸液を採取し便培養に提出したころ後日Yersinia pseudotuberculosisが検出され、エルシニア腸炎と診断された。各種抗生剤を使用し、入院時に認められた症状、所見は徐々に改善した。本症例での診断には内視鏡などの画像所見と検査時の検体採取が有用であった。
9-year-old boy was admitted to this hospital because of high grade fever of 39℃ and right abdominal pain. His pharynx was red and he had tenderness in the right abdomen and knock painin the back. He had erythema in his hand and foot. Blood examination revealed leukocytosis, an increase of CRP and biliary enzyme, and liver dysfunction. CT scan showed multiple lymph node swelling, the diameter 2 cm in size in the terminal ileum. Colonoscopy indicated patchy erythemas and erosions in the cecum and ascending colon, reddish and edematous elevated lesion with small erosions and inflammatory exudates in the Peyer’s patch in the terminal ileum. Microbiologicalexamination of intestinal fluids taken through colonoscopy revealed Y.pseudotuberculosis.
Full-Text

https://redcross.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9874&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information