紀要論文 論理的文章を読むための指導事項を模擬授業で提示する-「国語」の講義における実践を通して-

國府田, 祐子

7 ( 2 )  , pp.143 - 148 , 2017-03-25 , 東京福祉大学・大学院
ISSN:1883-7565
内容記述
論理的文章を読む力は今後ますます必要とされるが、学生は書籍等の文章を読むことに消極的である。論理的文章を読むための指導事項を「文章構成、段落、キーワード、帰納論理」とし、教員免許取得のための教科に関する科目「国語」において、模擬授業形式で示した。目的の1点目は、論理的文章を読むときの視点を学生に気づかせることである。目的の2点目は、学生を教員や生徒の視点に立たせ、論理的文章を読むための指導事項を実感させることである。中学一年教材「オオカミを見る目」を用い、筆者が教師役、学生には生徒役を演じさせた。模擬授業を受けた後の学生からは、指導事項4項目を理解したという感想や、音読の重要性、授業展開の方法等に気が付いた等の成果を得た。
本文を読む

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/11279/1/Vol7-2_5-2_%ef%bd%90143-148_kouda.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報