紀要論文 算数科指導内容の系統性の意識づけを目的とする授業の試み

佐々木, 隆宏

6 ( 2 )  , pp.163 - 169 , 2016-03-25 , 東京福祉大学・大学院
ISSN:1883-7565
内容記述
算数には内容の系統性や学習の連続性が明確であるという教科としての特性がある。したがって、教師は指導内容の系統性に留意しながら指導を行う必要がある。しかしながら、教員養成の算数教育において、指導内容の系統性の意識化を図ることを目的とした授業方法についての研究はほとんどなかった。そこでアクティブラーニング型授業により小学校教師志望の学生に対する指導内容の系統性の意識づけを目的とする授業を試みた。
本文を読む

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/10159/1/%e7%b4%80%e8%a6%81Vol6-2_p163-4-1_sasaki.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報