Departmental Bulletin Paper 東京福祉大学赤城山宿泊研修の成果と課題 その1.2年生の学生スタッフアンケート結果の分析

栗原, 久  ,  古俣, 龍一  ,  佐々木, 貴雄  ,  幸喜, 健  ,  荻野, 基行  ,  三野, 宏治  ,  岡村, 弘  ,  飯田, 昌男  ,  上村, 孝司  ,  北爪, 克洋  ,  小野, 智一  ,  石崎, 達也  ,  斎藤, 瞳  ,  森, 正人  ,  斉藤, 雅記  ,  狩野, 晴香  ,  中嶋, 裕一  ,  金井, 孝博  ,  中嶋, 有沙

5 ( 2 )  , pp.83 - 92 , 2015-03-25 , 東京福祉大学・大学院
ISSN:1883-7565
Description
東京福祉大学赤城山宿泊研修(伊勢崎キャンパス)における学生スタッフ(2年生)を対象に得られた、活動の感想と反省に関するアンケート結果から、成果と課題について分析した。学生スタッフはレクレーションワークの企画や実行に苦心したが、その活動によって1年生が喜んでくれたことに強い満足を感じており、研修を通して自己実現力の向上を意識して自信を深めたようである。もちろん、いくつかの問題点や改善点も指摘している。これらのアンケート結果は、赤城宿泊研修の意義を強調するとともに、本研修が東京福祉大学の伝統行事として継続されることの重要性を示唆している
Full-Text

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/9380/1/03-01_83-92Vol5No2_.pdf

Number of accesses :  

Other information