紀要論文 旧学制下群馬県における小学校教員検定制度-1900年9月以前-

内田, 徹  ,  丸山, 剛史

5 ( 2 )  , pp.123 - 130 , 2015-03-25 , 東京福祉大学・大学院
ISSN:1883-7565
内容記述
本研究の目的は、旧学制下群馬県における小学校教員検定制度の形成過程を、詳細に明らかにすることである。資料として群馬県立文書館所蔵文書を主に用いた。分析に際して、1)出願・検定手続きの方法、2)試験の時期・実施回数および試験会場、3)検定の方法あるいは判定基準、4)手数料の有無および金額の4点に着目した。検討の結果、文書館所蔵文書から新たに4つの関係規則を見つけ出すことができ、群馬県では「教育令施行規程」および「公立小学教員学力試験法」、「小学校教員免許状授与規則」、「小学校教員学力験定試験細則」及び授業生規則、「小学校教員検定等ニ関スル細則」を経て、1894年の細則全部改正において1900年9月以前の最終形態に至ったことが明らかになった。その過程では、検定受験者の質低下が報告され、その後、検定施行回数が削減されたが、合格判定基準は隣接する栃木県より低く設定されていたこと、などが明らかになった。
本文を読む

https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/9385/1/04-02_123-130Vol5No2_.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報