紀要論文 理工系大学教職課程における“英語でディベート”の試み
A Practice Report on the "Introduction to Arithmetics" CourseA Brief Report on Debates in English as Student Practices in a Teaching LicenseCourse of a University Specialized in Agriculture and Technology

守, 一雄

1pp.235 - 246 , 2017-11-30 , 学校法人松商学園松本大学
ISSN:2433-6114
NII書誌ID(NCID):AA12809558
内容記述
前報告1)では理工系大学教職課程のうちの4科目を英語で教える試みについての実践を述べた。この4科目は半期ごとに2年間をかけて担当するもので、3科目分の英語で教える実践を踏まえて、4科目目では履修学生が行なうディベートも英語で行なうようにした。ここでは、学生による英語ディベートを導入した「生徒指導論」の授業について報告する。日本人学生が英語でもディベートできるようにするために、ディベートの進行に使われる定型表現を台本のように用意し、またディベートに有用と思われる英語表現例をプリントとして配布した。ディベート以外の授業は前報告と同様に行なった。最後に学生からの評価と教員による自己評価と将来展望を述べた。
本文を読む

https://matsumoto-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1022&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報