紀要論文 不登校児は、なぜ学校に行かれないのか Ⅲ : 発達心理学の諸理論からの不登校についての考察
Why Cannot the Truant Go to School? Ⅲ: Consideration on Truancy from Various Theories of Developmental Psychology

川島, 一夫  ,  征矢野, 達彦  ,  小松, 茂美

1pp.139 - 155 , 2017-11-30 , 学校法人松商学園松本大学
ISSN:2433-6114
NII書誌ID(NCID):AA12809558
内容記述
川島(2016)12)は「不登校児は、なぜ学校に行かれないのかⅡ」において、「不登校の背景にある大人社会の価値観が不登校を促している」ことを主題として、不登校は、社会にとっての損失であり、登校行動も他の社会的行動と同様に教えられなければならないと論じている。本論では、さらに、発達心理学の諸理論からの不登校についての考察を試みる。発達心理学の諸理論の中で「レジリエンス」、「自尊感情」、「自制心の制御」、「発達課題」、「恥(s hame)とシャイネス(s hyness)」、「アサーション・トレーニング」「社会性の発達」についての理論を背景に不登校問題を考察する。
本文を読む

https://matsumoto-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1015&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報