紀要論文 言語による価値創造を目指して(3) ─表現力を伸ばすための発問指導─
Value-Creation by Language Education-3: Teachers’ Questioning for Raising Expressiveness of Students

山本, 忠行  ,  Tadayuki, Yamamoto

(21)  , pp.37 - 59 , 2018-08-12 , 創価大学通信教育部学会
ISSN:13442511
NII書誌ID(NCID):AA12334869
内容記述
JSL 児童生徒の支援では初期指導よりも、その後の学習言語指導のほうが重要であり、そのカギを握るのが教師の発問力である。言語教育は説明中心の知識教育ではなく、対話によって思考を刺激し、表現力を育てる教育でなければならない。学習言語能力は語彙や文法などの言語知識を与えても育たない。その柱となるものは思考力・論理力である。中上級で学ぶ表現文型には多様な表現に関わるものと談話構造に関わるものがある。このうち後者を野矢茂樹の論理トレーニングの枠組みを参考に再整理するとともに、実例を挙げながら、言語論理指導と発問の関係について論じた。
本文を読む

https://soka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=39614&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報