紀要論文 日本の幼児教育・保育の音楽劇に関する研究(1) ― 保育園による劇遊び活動から見る「保育者の質の向上」の可能性についての一考察 ―
A Study on a Musical Play in Japanese Early Childhood Education and Care (1) — A Study on the Possibility of Caregiver Quality Improvement by Introducing Musical Play in a Nursery School —

足立, 広美  ,  Hiromi, ADACHI

(69)  , pp.43 - 59 , 2017-09-30 , 創価大学教育学部・教職大学院
ISSN:03855031
NII書誌ID(NCID):AA1238438X
内容記述
本研究の目的は、幼児教育・保育に期待される「生涯にわたる人格形成の基礎を培う」(教育基本法第11 条)音楽劇について、主にある保育園(0.1.2 歳クラスのみ)における劇遊びの取り組みから「保育者の質の向上」の可能性について考察するものである。日本の幼児教育は幼稚園教育要領5 領域に則って総合的な活動が行われていることは周知の通りである。平成19 年6 月には学校教育法が改正され、幼稚園教育が学校教育の最初に位置付けられ、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものであることが明確にされた。そして「音楽とかかわりのある領域「表現」においても2 つの改訂がなされ、「感じたりするなどして」「表現する過程を大切にして」の字句が付加され、幼児の音楽表現における様々な音との触れ合いの中で豊かな感性が養われることの大切さや、表現する過程を演出する教師の役割や指導のあり方の検討が求められている。」(野波 2011)保育所においては2008 年に戦後はじめて告示化され、国による指針文書となった。平成29 年告示の次期保育所保育指針では、大きく4 つの課題が提示されたが、そのうちの1 つに1 歳以上3 歳未満の保育に関わるねらいの充実が図られ、乳児からの保育の重要性について謳われた。2 つ目には、保育所も「幼児教育施設」の1 つとしてはじめて認められ、幼稚園や幼保連携型認定子ども園と同様に「幼児教育」を行うことが強調された。(無藤他 2017)この背景からも乳児から行う保育所の活動においても「生涯にわたる人格形成の基礎を培う」保育及び保育者の質について益々検討の余地が与えられているのではないかと考えている。本研究では主に0.1.2 歳クラスの年間を通して行っている劇遊び活動を紹介し、この活動から見えてくる劇遊びから、保育者自身の質の変化について探求していきたい。
The current study discusses the possibility of “caregiver quality improvement” within the context of a musical play at a nursery school. “Caregiver quality improvement” describes how caregivers face children, what they are concerned about, how they respect the children’s independence, and what kind of qualitative change is seen, through musical plays. Musical plays were carried out through the year at a research-collaborated school. Since the day the musical play was presented was not regarded as the final public performance, musical plays were carried out with an emphasis on the children’s independence, without setting a time limit. Lines and music were devised with details provided up to the last minute, so the difficulty the caregivers felt every day while interacting with the development of the minds of the children was observed. However, in the course of creating a musical play, teaching staff, including the principal, were always careful to share the difficulties and emotions felt by the caregivers, to draw near to the hearts of the caregivers, and encourage them. In the course of creating a musical play, by supporting each other as a team qualitative change was observed on the part of caregivers, both in the conceptualization of care, and toward the children themselves. It is these kinds of double “collaborative creations,” and the continuation of such innovations, that can lead to improving the overall quality of caregivers, as well as enabling them to accept children as they are. Such qualitative changes can help caregivers provide a higher quality of care that respects children’s independence.
本文を読む

https://soka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=39202&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報