紀要論文 Big Lagoon Rancheria v. California, 741 F.3d 1032 (9th Cir. 2014). ―インディアンのために土地を取得する連邦政府の権限は、「インディアン再組織法」が制定された1934年の時点において合衆国の連邦管轄権の下にあったインディアン部族のための土地の取得に限定される。1934年の時点でインディアン部族が連邦の管轄権の下にはなかった場合、当該部族は、1988年制定の「インディアン・ゲーミング規制法」に基づいて当該部族の土地で「第3種ゲーミング」を経営するための必須条件である「部族‐州間協定」を締結する交渉を誠実に行なうよう州に要求すること(合衆国法律集第25編第2710条第d項第3号(A))ができないとされた事例―
Big Lagoon Rancheria v. California, 741 F.3d 1032( 9th Cir. 2014)

藤田, 尚則  ,  Fujita, Hisanori

47 ( 1 )  , pp.135 - 170 , 2017-07-20 , 創価大学法学会
ISSN:03883019
NII書誌ID(NCID):AN0013392X
本文を読む

https://soka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=39142&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報