紀要論文 母語者のコトとノの使い分け:モノとの関連も含めて

リグス, 秀美  ,  Hidemi, RIGGS

(25)  , pp.59 - 76 , 2015-03-20 , 創価大学日本語日本文学会
ISSN:09171762
NII書誌ID(NCID):AN10387152
内容記述
 一般的に動詞を名詞化するとされるコトとノの文法指導は従来,二語が前接す\nる命題と述語との関係で使用の可否が決まる,という「制限の視点」で説明され\nてきた。しかし,この方法では規則の暗記が必須となり修得に時間がかかる嫌い\nがある。そこで過程短縮を目指し,異視点からの新たな文法説明を試みた。デー\nタは広く日常言語活動の場から採取し,サイン・システム1)の理念に基づく分\n析方法で行い,二語の関係は前方焦点vs. 後方焦点という二項対立で表されると\nいう結論に達した。更に,一文に両語が使われている例を“ 前後” に依って創り\nだされる焦点の集積という概念で説明している。
本文を読む

https://soka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=37138&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報