紀要論文 日本語における二重構造の示唆するもの ─日本語話者の<主観的把握>と表現性─

守屋, 三千代  ,  Michiyo, MORIYA

(25)  , pp.29 - 40 , 2015-03-20 , 創価大学日本語日本文学会
ISSN:09171762
NII書誌ID(NCID):AN10387152
内容記述
日本語話者は古来より<主観的把握>の傾向に基づき,現前の<見え>から非\n現前の<見え>を創出する<見立て>という表現手法を発展させてきた。<見立\nて>は和歌などの文芸に始まり,次いで視覚表現を中心に日本文化の様々な分野\nで採用されて,今日に至る。<見立て>は現前の<見え>と非現前の<見え>か\nら成る二重構造を持つ,表現志向的な手法であるが,日本語の文法形式にもこう\nした二重構造が観察される。その一例が「の」をめぐる認知的構造である。すな\nわち,「の」も現前の<見え>に着目し,そこから推論される非現前の<見え>\nを創出し,同時にそのような非現前の<見え>を生じる現前の<見え>へと注目\nを誘導する表現である。
本文を読む

https://soka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=37136&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報