Departmental Bulletin Paper 終助詞「さ」の本質的機能 ─認識的モダリティとの共起関係に着目して─

蓮沼, 昭子  ,  Akiko, HASUNUMA

(25)  , pp.1 - 27 , 2015-03-20 , 創価大学日本語日本文学会
ISSN:09171762
NCID:AN10387152
Description
認識的モダリティとの共起関係,および終助詞「わ」の用法との相違を手掛か\nりに,終助詞「さ」の本質的機能の解明を試みた。認識的モダリティ,および文\n類型との共起関係において,「さ」と「わ」は相補的分布を成すが,この現象が\n生じる理由を,日本語の認識的モダリティの意味的類型と文類型の中に認められ\nる異質性を指摘することにより明らかにした。「わ」の用法との対照に基づき,\n「さ」は,内部知識の点検という心的処理を介して,話し手が構成した情報の伝\n達を担うという機能を,その中核に有することを指摘し,その適格な使用を条件\nづける文脈的条件についても解説を加えた。
Full-Text

https://soka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=37132&item_no=1&attribute_id=15&file_no=1

Number of accesses :  

Other information