紀要論文 言語による価値創造を目指して(1) ─学習言語能力を育てる教育─

山本, 忠行  ,  Yamamoto, Tadayuki

(19)  , pp.35 - 58 , 2016-08-07 , 創価大学通信教育部学会
NII書誌ID(NCID):AA12334869
内容記述
JSL 児童生徒にとって最大の壁は学習言語能力の習得である。日本語指導と教科指導の連携の重要性が言われるものの、十分な成果が上がっていない。その理由を考察するために、カミンズのDiscrete language skills の位置づけについて再考するとともに、JSL カリキュラムと日本語指導の現状を分析して課題を探る。また学力の種類を検討することによって、学習言語能力を伸ばすための指導は、思考力と表現力を育成するものでなければならないことを示す。最後に、牧口常三郎が考案した、読解と作文を連携させる指導法は、表現教育であるとともに思考法の訓練であることを論じ、創造的日本語教育が学習言語能力育成を行うための有効な指導法であることを主張する。
本文を読む

http://libir.soka.ac.jp/dspace/bitstream/10911/4627/1/%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%85%88%e7%94%9f%e8%ab%96%e6%96%87.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報