紀要論文 日本語の「ナル表現」再考 : 『古事記』における「ナル」の意味・用法の示唆するもの
Reconsideration of the Meaning and Usage of Japanese Naru in Kojiki, Records of Japanese Ancient Matters

守屋, 三千代

(26)  , pp.27 - 38 , 2016-03-20 , 創価大学日本語日本文学会
ISSN:09171762
NII書誌ID(NCID):AN10387152
内容記述
一般に日本語は「ナル的言語」であると言われ、「ナル表現」への志向性が顕著に見られるが、「ナル的言語」は日本語だけではない。例えば韓国語やトルコ語も「ナル的言語」であり、「ナル」に相当する動詞が存在し、「ナル表現」もよく用いられる。この三言語の「ナル」とナル相当語[tweda, olmak] のうち、日本語と韓国語では主に変化の意味を表すが、トルコ語ではそれ以外に誕生・出現・存在などの意味を表す。こうした意味を現代日本語に求めると、「実がナル」という例しか見当たらないが、『古事記』では神々や国の誕生の場面で誕生・出現の「ナル」が多数観察される。
ナル表現
本文を読む

http://libir.soka.ac.jp/dspace/bitstream/10911/4552/1/nn26-027.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報