紀要論文 特別支援学校(肢体不自由)の現状と課題 : 専門性のある人材の育成
Current situation and challenges of special needs schools (crippled) : Development of expertise of human resources

杉本, 久吉  ,  加藤, 康紀

(66)  , pp.55 - 69 , 2015-03-18 , 創価大学鋸幾学部・教職大学院
ISSN:03855031
NII書誌ID(NCID):AA1238438X
内容記述
特別支援学校(肢体不自由)では,昭和54年の養護学校義務制に至る過程で,児童生徒の障害が重度重複化,多様化が進み医療的ケアを必要とする状態となった。また,平成18年の法改正により特別支援教育体制となってから,その実態として多様な場での肢体不自由教育が行われていることも明らかになった。肢体不自由の起因疾患は,脳性麻痺の割合が高く,障害の状態として重度の様相を呈している。また,他にも多様な病因があり,医療的ケアについても必要な児童生徒の割合が6割に達している。現在,これらの実態を示す児童生徒に対して,準ずる課程から訪問教育まで5つの教育課程類型を設定して指導に当たっている。しかし,いずれの類型においても,障害の重度重複化、多様化に十分な対応ができているとは言えない。特に,教師の専門性の維持は大きな課題であり,今後の人材育成が一層重要になっている。
In the process leading to the School Education Act Amendments in I979, special needs for physically disabled (orthopedically-impaired) students required more specialized medical care because of the diversification and severity of disabilities. In addition, under the special needs education system after the law amendment of 2006, it was revealed that various kinds of education for physically disabled students has been provided. Physically-disabled stems largely from cerebral palsy and it presents severely disabled symptoms. Furthermore, the 60% of students in physically disabled schools need specialized medical care. Currently five types of curriculum are provided in order to deal with those physically-disabled students, but they are still not enough to accommodate the diversification and severity in disabilities. The maintanance and improvement of the professional skill of teachers will be necessary and the development of human resources will be more important in the future.
本文を読む

http://libir.soka.ac.jp/dspace/bitstream/10911/4406/1/kr66-055.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報